高い施工品質

高い施工品質

設計デザイン哲学

川木建設の「8つの設計コンセプト」とは

私たち川木建設では、ご提案させて頂く全てのプランに共通のコンセプトを盛り込むことを徹底しています。
入居者様に選ばれ、そして長く快適に住んで頂く、これがオーナー様の満室経営につながると考えています。
そのために私たちは「8の設計コンセプト」にこだわります。
賃貸住宅を専門に設計しているスタッフが持つノウハウと、地元企業だからできるきめ細やかな設計対応によって、オーナー様のこだわりを反映した、満室経営できる建物を実現します。

特長あるプランと間取り

最近の新築賃貸物件は、どれも間取りや設備仕様は横並びであまり差はありません。
・・・とすればどこを見て 『この物件に決めよう!』と思うのでしょうか?
それは外観、内装のデザインであったり、オートロック、TVモニターインターフォン、カードキー等の防犯面での安心感があったり、上下階をあわせて使用するテラスハウスであったり、ゆったりとした大きなお風呂であったり・・・何か他とちょっと違う、ということが大切です。つまり、他の賃貸物件にない特徴を付加させることで、入居率や入居期間に差が出るものと考えられます。そういった特長ある物件が中長期的には高い入居率を確保できる優良物件となります。

セキュリティに配慮した安心の住まい

毎日の生活に「安心」をプラスするのが、充実のセキュリティ対策です。
特に女性のひとり暮らしなどでは「安心」へのニーズが、入居率に直結しています。
川木建設が建てるアパート・マンションでは、オートロックやカードキーなどの充 実したセキュリティをご提案させていただきます。
入居者様が安心して暮らせるお部屋の良さは、職場や学校で口コミによって広がり、不思議なくらい人気の物件になります。

生活騒音を防いで、快適な環境を

賃貸住宅でしばしば問題となるのは、生活騒音です。せっかく入居しても上下階、左右住戸の音に悩まされ、退去につながってしまうことがあります。更には、入居者様間のトラブルにも発展してしまう事例もあります。

私たちは、賃貸住宅に求められる高い遮音性を実現するために、鉄筋コンクリート造では二重床工法を、木造アパートでは、当社千鳥界壁工法を採用しました。遮音性能を向上させるには、空気音と固体音の両方を改善させなければなりませんが、空気音の遮断はもとより、対応が難しい固体音の遮蔽にも工夫をし、高い遮音性を実現しております。

賃貸でも、収納には妥協しない

入居者様の多くは、収納には不満を持っています。特に、限られた賃貸住宅のスペースでは、間取りの制約から、十分に収納が取れていない物件が多くあります。収納を多くとることで、入居者様の不満を解消し、選ばれる賃貸で、長く快適に住んでもらえる。私たちは、この収納について、『SIマンション』と『テラスハウス』を、それぞれ違うアプローチから検討し、収納スペースの確保に努めました。

SIマンション

床下全面に、収納空間を確保しましています。

テラスハウス

デッドスペースになりがちな階段下や、床下部分の活用により、大きな収納空間を設けました。キッチンも、大容量のストックが可能な引き出しタイプの収納を付けています。

空間を上手く使った設計デザイン

間取りのちょっとした工夫や、色使い等の演出で居住空間に広がりを持たせ、居室の面積を広く見せることが出来ます。たとえば、間取りを変更できるようにしたり、天井を高く設定し、ハイサッシを用いることで開放感をもたせたり・・・。このような演出によっても、入居者様の満足度を上げたり、住んでみたいと思わせたり、長期的にはオーナー様の賃料減額のリスク回避が可能となると考えます。

メンテナンスコストは安く

将来にわたるメンテナンスコストの低減はオーナー様の賃貸経営の課題です。
川木建設では、オーナー様の安心のために、このメンテナンスコストの軽減に着目しています。
その答えのひとつが、『SIマンション』です。
このマンションは、建物を長寿命のスケルトン(柱・梁・床などの構造躯体)と、短寿命のインフィル(住戸内の内装・設備など)に明確に分離することにより、長期間の耐久性と、維持・メンテナンスや修繕工事費用の削減を実現しています。
その他のマンション・アパートにつきましても、外壁材等の部材の選定や、メンテナンス性の高い設計など、トータルコスト削減のために、様々なアイデア・工夫を行っております。

入居者様が満足する最新の設備

住まいの進化とともに、入居者様の住宅設備に対する要求も高まっています。
物件選びの際には、キッチンや、お風呂など、水廻り設備の使い勝手を物件選びのポイントにしている入居者様もいらっしゃいます。
川木建設は、最新の住宅トレンドや、管理物件の入居者様の声に耳を傾け、常に入居者様が本当に必要としている設備を採用することで、入居者様の満足を叶えます。

導入事例

入居者様の「水廻りの収納がもっと欲しい」の声をもとに採用した引き出し収納のキッチン

プライバシーを保つ工夫

入居者様に選ばれるアパート・マンションをつくるためには、プライバシーを保つ工夫も必要です。この工夫については、実際に物件をご覧になっていただくのが一番ですので、ご興味があるお客様には、モデルルームのご見学をお勧めいたします。

お問合せ