アパート・マンション経営

10年先、20年先を見据えたトータルコストを考慮した設計・施工が重要です

20年、30年と続くアパート・マンション経営では、建物の維持・メンテナンスや、修繕工事にかかる費用が、オーナー様の負担となってきます。
私たち川木建設は、比較的触れられることの少ない『建築後のコスト』にも着目しています。
その答えのひとつが、『ルネスマンション』です。
このマンションは、建物を長寿命のスケルトン(柱・梁・床などの構造躯体)と、短寿命のインフィル(住戸内の内装・設備など)に明確に分離することにより、長期間の耐久性と、維持・メンテナンスや修繕工事費用の削減を実現しています。
その他のマンション・アパートにつきましても、外壁材等の部材の選定や、メンテナンス性の高い設計など、トータルコスト削減のために、様々なアイデア・工夫を行っております。

トータルコスト削減に向けたアイデアを、いくつかご紹介

修繕計画

入居者様に選ばれ、快適な住環境を提供していくことが、オーナー様の安定経営につながります。建物を将来に渡って、良好に維持していくために、この先、いつ、どんな修繕が必要となるのか、また、どれくらい費用がかかるのか、ご提案いたします。部位ごとの修繕の時期と費用を算出し、事業計画に盛り込みます。30年間の長い事業を考えた修繕計画をご提案いたします。

SI工法

スケルトン・インフィル(SI)工法は、世代を超えて利用可能な「100年住宅」の1つのあり方として、国土交通省などでも積極的に推進しています。 建物を長寿命のスケルトン(柱・梁・床などの構造躯体)と短寿命のインフィル(住戸内の内装・設備など)に明確に分離することで、長期間の 耐久性と、間取り変更のしやすさを実現できる工法です。

外壁タイル張り

タイルは、他の壁材と比べ、外観劣化が少ないという特徴があります。それをコスト面で考えると、塗り替え費用が不要なため、建築後の維持修繕費は低く抑えられます。また、外観劣化が少ないので、建築時の高級感をいつまでも保つことができます。

サヤ管工法

サヤ管工法とは、給湯設備からキッチン、バスムールなどへ、サヤ管と呼ばれる管を通し、その後から樹脂管を通管させる工法です。
これにより、修繕等により配管の取り替えが必要になっても、樹脂管の交換だけで済ませることができます。

内装設備

内装設備のキズや、経年劣化による汚れは、入退去時のトラブルの原因になりがちです。また、建築後10年、20年が過ぎた物件では、見た目の印象から、次の入居者様が敬遠する理由となってしまいます。
また、取り換えるにも費用がかかり、賃貸経営を圧迫する大きな要因ともなります。川木建設では、キズや、経年劣化による影響を最少減に抑える内装設備を各所に採用しています。例えば、人造大理石のキッチンカウンターや、フローリングもその一つ。床は傷に強く、ワックスがけの手間の掛からないものを使用しています。

LED照明(共用部のみ)

少ない電力で、従来の照明と同等の明るさを出せるのが、LED照明の大きなメリットです。共用部の廊下やエントランスに採用することで、月々の電気料金を低く抑えることができます。

錆びにくい材料

アルミ、ステンレス、ガルバリウム鋼板といった錆びにくい材料を使用することで、いつまでも新築時の美しさを保つことができます。
当然、交換などの費用が発生しにくくなりますので、トータルコストの低減に貢献いたします。

お問合せ