アパート・マンション経営

家賃収入に関わる賃貸管理の2つのシステム

賃貸管理のシステムは、基本的にふたつあります。
どちらがいいかは、立地条件やオーナー様のお考えによって変わってきます。 ここでは、当社川木建設の例を具体的にご紹介いたします。

空室保証(家賃保証)

空室保証とは、管理会社が、オーナー様のアパート・マンションを一棟毎全て借り上げて管理する方法です。
オーナー様から見れば、この時点で空室のリスクを気にすることはなくなります。
但し、管理会社は、空室のリスクを全て抱える代わりに、毎月一定の管理料をいただくことになります。

この空室保証をご選択いただく場合は、収支計画時点から、その費用を見込んだ計画を作るようにしておくといいでしょう。

集金代行

集金代行とは、入居者様からの家賃の集金を管理会社が代行する方法です。
この方法であれば、家賃は全額オーナー様が手にすることができます。
別途管理料は必要ですが、それでも空室保証(家賃保証)に比べて低い金額に抑えられています。

高い入居率を維持できるアパート・マンションであれば、こちらの方が、オーナー様の収益が、より多くなります。

お問合せ