セミナー・見学会

資産活用セミナー・小江戸塾

『築30年以上でも満室経営 古アパート・貸家 資産再生講座』を開催します。

大家さんの救世主!
カリスマ講師登場!!

川木建設では、2014年9月6日(土)に、第41回小江戸塾として、
地主様・賃貸オーナー様向けの
『資産コンサルタント 岡本誠司プレゼンツ
築30年以上でも満室経営
古アパート・貸家 資産再生講座』
を開催いたします。

川越エリアで成功している地主様・賃貸オーナー様が集まるこの講座に、
あなたもぜひ、参加しませんか?

『私が参加してもいいの?』
と気になった方は、第41回 小江戸塾 特設ページをぜひチェックしてください!


詳しくは→【コチラ

7/5(土)第40回小江戸塾を開催しました

7月5日(土)、川越市のクラッセ川越にて、第40回小江戸塾セミナーを開催しました。

今回のセミナーは、岡野会計事務所のファイナンシャルプランナー、
社会保険労務士である大野賢美先生による講演です。
「大増税時代をかしこく乗りきる! 相続税改正 まるわかりセミナー」と題し、
来年1月1日に改正される相続税の改正について、相続税の仕組みから改正のポイントまで、
分かり易く解説して頂きました。

皆様、もう相続税対策はお済でしょうか?

まだの方は、これからとなりますが、相続税対策を考えるにあたっては
ご承知の通り、信頼のおける税理士様と密にコミュニケーションをとり、進めていく必要があります。
難しい相続税です。「相続税はわからないから、全て税理士任せ」という方もいらっしゃることと思います。

しかしながら、ある程度の知識の理解は欠かせません。
相続税がどんな仕組みで課税されるのか、今検討している対策はどういう内容なのか、
そういった共通理解があることで、双方がより納得した上で相続税対策を進められるのではないでしょうか?

世の中、断片的な情報のセミナーや、土地活用ありきのお話が多い中、
今回のセミナーでは、基礎である税金の仕組みの解説という部分からお話をして頂きました。
いつもの節税セミナーとは違った切り口で参考にしていただけたのではないでしょうか?
今回のセミナーが今後の皆様の相続税対策にお役立て頂ければ幸いです。

次回、2014年9月6日(土)開催予定の第41回資産再生講座と題して、
資産活用大学 主宰 岡本誠司先生にご講演頂きます。

皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。

(小江戸塾事務局 村田)

大増税時代をかしこく乗りきる! 相続税改正 まるわかりセミナーを開催します!

川木建設では、2014年7月5日(土)に、地主様・賃貸オーナー様向けの

大野賢美先生の『大増税時代をかしこく乗りきる! 相続税改正 まるわかりセミナー』を開催いたします。

半世紀ぶりに大幅改正される相続税について、事前に学べるビッグチャンスです!

将来の相続に不安のある方は、ぜひご来場ください。

詳しくは『大増税時代をかしこく乗りきる! 相続税改正 まるわかりセミナー』特設ページをご覧ください。

資産を円満に継承するための相談会 特設ページはココをクリック

6/1(日)「資産を円満に継承するための相談会」を開催しました

6月1日(日)、川越市脇田町の弊社モデルルームにて、小江戸塾でもおなじみの
相続手続き、遺言支援のスペシャリスト財間先生による
「資産を円満に継承するための相談会」を開催しました。

お陰様で当日は満席となり開催することができました。
ご参加頂いたお客様におかれましては、具体的に対策を進めていくきっかけとしてお役立て頂けたようです。
今後も、お客様の円満な資産継承をお手伝いできるよう、個別相談会の開催を予定しております。
今回、残念ながらご参加できなかったお客様も、またの機会にご参加頂ければ幸いです。
開催が決まりましたら、当ホームページでも告知いたします。

(小江戸塾事務局 村田)

5/18(日)第39回小江戸塾を開催しました

5月18日(土)、川越市のクラッセ川越にて、第39回小江戸塾セミナーを開催しました。
今回のセミナーは、相続手続き、遺言支援のスペシャリスト財間先生による、講演です。
「遺産分割で争わないためのマル秘講座」と題し、
遺言を活用した相続対策をテーマにご講演いただきました。

遺言というと、皆様はどのようなイメージをお持ちでしょうか?
トラブル防止のために作る、そんなイメージの遺言ですが、
財間先生は相続対策での積極的な活用をお勧めしていました。
そもそも遺言の作成を考えるということは、相続対策について考えることでもあります。

遺言を作りたいと思っても、すぐにはできません。
分割を考えるにあたって、まずは、現在の財産や収支状況、
過去の贈与を洗い出し、まとめるところからスタートです。
資産の額によっては相続税の試算も必要になりますし、
跡継ぎの問題(誰が何を相続するかだけではなく、
お墓や親戚付き合いについても)も考えていかなければいけません。
そして、どんなメッセージで相続人に残すか・・・。
遺言を考えることはすなわち「終活」を考えることでもあります。
また、財間先生は、遺言を毎年読み返すことを勧めていらっしゃいました。
財産の評価や、状況は毎年変わります。
家族との関係も徐々に変わっていることがあります。
また、その遺言で果たして今の法律や財産の変化に対応できているかどうか・・・
今も作った時と同じ気持ちかどうか・・・
一度作って一安心、終わりと考えている方も多くいらっしゃいますが、
毎年読み返し、必要であれば、作り直すことが必要と、財間先生は仰います。
これから遺言を作る方も、過去に遺言を作られた方も、
是非一度財間先生にご相談してみてはいかがでしょうか?

次回、2014年7月5日(土)開催予定の第40回小江戸塾は
来年1月1日に改正される相続税の改正について、
岡野会計事務所様にご講演頂きます。皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。

(小江戸塾事務局 村田)