会社概要・アクセス

記入者: 神山貴寛
担当業務: あなたの家族を守る土地活用パートナー
2017.10.04

土地活用と相続

皆さんこんにちは。

今日は十五夜だそうですね。朝はとても曇っていてお月様が見えるかどうか心配でしたが
さっき外に出た感じでは雲が晴れてきていて、お月様に期待できるかもしれませんね。
お昼を買いにスーパーに行ったら、月見だんごというのが売っていて、
月見はともかく、買おうかどうか今も悩み中です(笑)

さて、二週連続の見学会が終わりました。
上尾では新築のユニキューブ完成見学会が終わり、既にご家族が入居して新生活を送っているそうです。
川越ではルネスマンションの構造見学会がありました。
完成してしまうと見えなくなってしまう、建物の要ともいえる構造部分を見ることのできない、
またとないチャンスでした。ご来場のお客様皆さん感心していただきました。

明日は新たな物件の設計契約を予定しております。

建物や事業収支計画というのも、もちろんとても大切なものです。
でももうひとつ忘れてほしくないのが、相続との関連性です。

というのも、建物は長生きです。
現在の品質で建てた建物ならば40年以上そこに建ち続けてもきっと平気だと思います。
建物よりも人間の方が長生きではありますが、建てた方ご本人が40年後もお元気とは限らないのが現実です。
賃貸住宅を建てるくらいですから10代20代ということは少なくて、もう少し上の年代の方が多いからなんですね。

そこで考えてほしいのが、将来その建物(と土地)を誰が引き継ぐのか?ということです。
もし建てる年代の方が50代だったとすると、その方も配偶者も40年後は90代くらいということになります。もしかすると既に相続が起きてしまっているかもしれません。

ならば、お子様がいればその中の誰かが引き継ぐことになりそうです。
一人っ子であれば特に心配する必要はありませんが、
複数のお子さんがいた時は少し遺産分割について考えておくのが良いでしょう。

あるお客様はこんな風に言っていました。複数の賃貸物件を所有する方です。
「私が死ぬ頃には物件は全部売って現金化して使うんだ。」

それだけを聞くとちょっと乱暴で、あまり先のことを考えない発言に受け取れなくもありません。

この方には同年代の配偶者がいて、お子さんはいません。
ですから不動産として残す理由がないわけです。
また、配偶者の方も複数の賃貸物件を所有されています。
お互いに老後の設計としてそういう取り決めを今から考えている。これは大したことです。


十五夜は人生でいうとピークに当たるのかもしれません。
でもピークを越えると月は緩やかに欠けはじめ、いつか見えなくなるほどに細く尖り、
そして新月となって夜空からは姿をいったん消します。

でも月の人生はそこで終わりではありません。
新たに細く夜空に姿を現し、次第に存在感を増して暗闇を照らすことになります。
相続と似ているかもしれませんね。

あなたの意志を継ぐ、あなたの家族のことも一緒に考えましょう。
だから私たちは「あなたの家族を守る土地活用パートナー」でありたいと考えます。

どうでしょう?
夜空を眺めて月見だんごを口にしながら、
ご家族のこれからのこと、話してみませんか?

相続勉強会も残すところあと2回です。
お陰様で満席ですが、もしご興味のある方はこの機会にご参加ください。

川越エリアの相続相談なら、川木建設の不動産のプロにおまかせ 不動産相続の相談窓口

この記事のみを表示する(印刷用)
記入者: 堀江 俊樹
担当業務: あなたの家族を守る土地活用パートナー
2017.09.30

工事中のマンションを見学できます!

みなさん ご機嫌いかがですか!?
PM営業部の堀江です。

最近はすっかり秋ですね。
気温も湿度も下がってきて、だいぶ過ごしやすくなってまいりました。
朝晩は特に涼しくなってまいりますので、ご自愛くださいませ。

さて、本日は私どもPMチームのイベントのお知らせです。

明日10/1日(日)の一日のみの開催で、賃貸マンションの工事途中の見学会を
開催いたします。

なかなか建築関係の方以外は見ることができない部分が見学できます!

完成すると隠れて見えなくなってしまうところを見ていただけます!


このマンションは、構造が 『鉄筋コンクリート造』 です。
鉄筋コンクリート造は、長持ちする頑丈な建物です。

10年、20年で解体してしまうかもしれないという方にはあまりお勧めできません。
建てるのであれば、できるだけ長持ちする建物を建てて次の世代、その次の世代に
良いものを残したい。という方にお勧めです!

耐震性、耐火性に優れ、高気密、高断熱、防音性も高い『鉄筋コンクリート造』

言葉だけではわからないと思います。
是非、この機会にご自身の目で確かめてみてください。

今回のマンションは、
『鉄筋コンクリート造』 に加えて 『ルネス工法』
も見られます。

頑丈な建物を造るのなら、将来のメンテナンス費用は少ない方がいいですよね。

『ルネス工法』 はそれが実現できる工法なんです。

是非、工事中の建物を見に来てください!
お待ちしております。


ルネスマンション 構造見学会

この記事のみを表示する(印刷用)
記入者: 村田
担当業務: 営業
2017.09.24

10/1(日)ルネスマンション構造見学会を開催します

皆さんこんにちは。
今日は怖い怖い火災の話です。
突然ですが、皆さんは県内で年間にどの程度の建物火災が発生しているかご存知ですか?
答えは、年間1000件以上です。
また、毎年70名以上の方が火災によって亡くなっています。

火災というのは賃貸経営にとっても怖いリスクです。
記憶に新しいところでは、先日の秋田でのアパート火災でしょうか。
午前1時頃に出た火は瞬く間に広がり、アパートの入居者5人の命を奪いました。

特に、深夜の火災で大きな被害が出ることは想像に難しくありません。
就寝中だったため、出火に気付かず初期消化や避難が遅れてしまったり、
暗い中では避難もままならないかもしれません。

一度火災が発生すれば、その被害は建物だけには限りません。
火災保険を掛けておくことで、建物や家財は保証されますが、
入居者の方の平穏な生活は壊され、大切な人命は戻ってきません。

この様な賃貸経営のリスク「火災」による被害を軽減するためには、
建物の工法選びも大切です。
アパート・マンションの構造は、鉄筋コンクリート造、重量鉄骨造、軽量鉄骨造、
木造と色々あり、それぞれに良さがありますが、
中でも、耐火性に優れた工法と言われるのは「鉄筋コンクリート造」です。

一度火災が発生すると、1000度にも達する熱が発生すると言われていますが、
鉄筋コンクリート造では、そのような高温の熱や炎にさらされたとしても、
燃えることがありませんし、強度も下がりません。
また、熱せされて有毒なガスが発生することがありません。

今回の構造見学会では、ルネスマンションの工法とともに、
鉄筋コンクリート造の強固な構造についてもご説明させて頂きます。
是非皆様のご来場をお待ちしております。

⇒構造見学会のご案内はこちら

この記事のみを表示する(印刷用)
  • 川木建設の施工実績
  • 川木建設物件のオーナー様の声

お問合せ